プログラマカレッジに関すること

プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違い

更新日:

ProEngineer(プロエンジニア)には、プログラマカレッジとエンジニアカレッジの2種類の養成校があります。

ProEngineerとは

そもそも、プログラマカレッジとエンジニアカレッジはProEngineer(プロエンジニア)サービスの一環にあるものです。

どちらも、HPから登録することから始まります。

登録すると、後日担当者から面談の連絡が来ます。

面談が終わると、カリキュラムに沿った授業を受けることになります。

授業を教えてもらえるのは、現役の講師の方と、それぞれの卒業生の生徒になります。

あるいは、コースによっては個人で教えてもらうことができます。

分からないことは、その場で聞くことができるので解決してから次のステップに進むことができます。

研修が終わると、就職活動になります。

就職のサポートを充実していて、まずそれぞれに合った求人を一緒に探して紹介してもらえます。

履歴書や職務経歴書の添削や面接対策を一人一人に行うことで、就職率は96.2%と高くなります。

ProEngineerのすべてのサービスを利用しても、無料で使うことができますよ。

プログラマカレッジとエンジニアカレッジの違い

養成する人材の違い

プログラマカレッジは、プログラマを養成することに対して、エンジニアカレッジはエンジニアを養成します。

プログラマは、JavaやPHPなどを使ってプログラムの基礎から応用まで身につけていくことができます。

対してエンジニアは、JunitやLinuxを使ってサーバーの構築をするのでインフラエンジニアとして就職することになります。

どちらも、企業では人材不足になっているのでやっていて損はないと思います。

難しいと思っていても、やっていくうちに少しずつ分かってきた最終的にアプリを作れたり、サーバ構築することができる人がほとんどです。

疑問点が出てきても、講師にどんどん質問してみてください。

分かりやすく丁寧教えてもらえるので、卒業後にはスキルは着実に身に付いているはずですよ。

また、就職してからもプログラマ・エンジニアとしての土台ができているので役立つことが多い声も聞かれますよ。

コースの違い

コースはどちらも3種類から選ぶことができます。

プログラマカレッジは、平日週5日コース、夜間週3日コース、個別研修コースがあります。

エンジニアカレッジは、Skype個別研修コース、通学個別研修コース、通学授業実践形式コースがあります。

ですから、エンジニアカレッジには夜間コースがないことになりますね。

そのほかのコースは、言い方に違いはありますがそのほど変わりはありませんよ。

プリグラマかエンジニア迷っているなら、無料体験も随時実施しているならぜひ受けてみてから決めたほうがいいですよ。

-プログラマカレッジに関すること

Copyright© プログラマカレッジ利用者ブログ , 2018 AllRights Reserved.