プログラマカレッジに関すること

プログラマカレッジには夜間コースがある

更新日:

プログラマに転職したいけど、転職する時間がなかったり費用がかさばることで断念してしまうことがあります。

せっかくやりたい仕事があるのに、できないのはもったいないですよね。

でも転職しようと思えば、勉強したり職探しするために時間が確保できないのが現状にあります。

そこで、オススメしたいサービスが「プログラマカレッジ」です。

プログラマカレッジは、3つのコースに分かれています。

平日の日中月~金まで通う「平日週5日コース」と夜間に通う「夜間週3日コース」と遠方で通うことができない「個別研修コース」があります。

夜間コースは、どんな人が対象

仕事と両立するには、「夜間週3日コース」を使うことがオススメですね。

主に働いている社会人を対象にしています。

日中は通うことができなくても、仕事帰りの時間を有効に使うことで効率の勉強をすることができます。

夜間コースの特徴

研修場所

半蔵門研修センターが研修場所になります。

半蔵門線から徒歩5分の駅からも近いので、乗継も楽ですよ。

ちなみに、以前は御茶の水に合ったようですが、2018年1月に半蔵門に移転したそうです。

通学日と時間

通学日は月・水・金曜日と決まっています。

時間は19 ~22時と決まっています。

少しくらいは遅れてもいいようですが、20時も過ぎるので振替で別の煮に変更してもらいましょう。

日程調整は、臨機応変にしてもらえるのですが、その分研修期間が延びてしまうのか仕方ないですね。

事前に間に合わないとわかっていれば、早めに報告しておくといいですね。

内容

夜間コースは、日中より短い時間でやるので、難易度は若干難しくなりますね。

基礎から応用まで一から勉強することができないために、自分で学習していく必要も出てきます。

研修時間も平日コースの420時間に比べて、夜間コースは100時間と限られてしまいます。

だからこそ、土日には課題も100時間当たりになります。

課題もしっかりこなしつつ、授業を受けることで内容が入りやすくなって、知識と技術が一層身に付いていきますよ。

授業内容としては、平日コースとほぼ同じ内容ですが、時間が限られているために急ぎ足になってしまいます。

プログラマーに転職したいという強い気持ちがあれば、未経験者でもついていくことができますよ。

研修が終われば、求人探しや履歴書の添削、面接対策などもしっかりやってもらえるので、転職できる可能性が高まりますよ。

あなたも、仕事と勉学の両立ができるプログラマカレッジを検討してみてくださいね。

-プログラマカレッジに関すること

Copyright© プログラマカレッジ利用者ブログ , 2018 AllRights Reserved.